レーザーで見る分子の世界 レーザーで探る新たな性質

研究内容

研究内容光吸収により生成する電子励起状態分子は、植物の光合成や太陽電池のような光エネルギー・光物質変換、 また多くの光機能発現過程などにおいて重要な役割を果たしています。これらの励起分子の反応過程を正確に知り、 そこから得られる原理に基づいた新規光利用分子系を設計・構築することは、今後の光エネルギー利用・人工光合成系の開発などの重要な課題の解決にも、 また新規光機能分子システムの開拓に重要な役割を果たします。私たちは、これらの電子励起状態分子を対象に、レーザー光を用いて種々の反応過程を計測し、 その反応を支配する原理を明らかにするとともに、反応過程をレーザー光により操り、また、新たな物性や構造を発現させることにより、今後の人類に必須の新規光利用分子・ 分子集団系の開拓を目指しています。